堤歯科・小児歯科クリニック 新患・急患随時受付 土曜診療
特集

歯周病はガンにつながる?!

「歯周病」は、心疾患(心臓に起こる病気)をはじめ、肺炎、低体重児早産、ガンなどのように、「口の中や歯とは関係がないのではないか?」と思われる病気につながる「感染症」で、感染者数も多い病気であることが、最近の歯科医院の現場でクローズアップされています。
 

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、インフルエンザ・百日ぜき・食中毒などの感染症のように1種類の細菌だけが感染して起こる病気ではなく、口の中に存在する約400~500種類の細菌のうちの数十種類の細菌が複雑に関連し合って起こる炎症性の病気です。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が歯垢となって蓄積され、歯肉のフチが炎症を起こして赤くなったり腫れたりします。この状態が進行すると「歯周ポケット」と呼ばれる、歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯がグラグラ動くようになり、最後は抜歯をしなければならなくなってしまいます。ただし、この期間は、見た目の変化もそれほどなく、痛みもほとんど感じないため放置されている場合が多く、いまや日本では成人の約8割もの人が、歯周病に感染していると言われています。
 

歯周病は、知らず知らずに進行しています!

歯周病は、知らず知らずに進行しています!

 

歯周病かどうかチェックしましょう!

次の症状で、2つ以上に当てはまるものがある場合には、歯周病にかかっている恐れがあります。まずは、自己診断してみてください。

□ 歯を磨くと血が出る
□ 歯に食べ物が、よくつまるの
□ 歯茎(はぐき)が腫れている感じがする
□ 歯がぐらついて硬い物が食べづらい
□ 口臭が気になる
□ 朝起きると口の中がネバネバしている
□ 昔とくらべて歯が伸びたような気がする
□ 歯が浮いているようで噛みしめられない

コレが歯周病の症状です!

歯周病には2種類あり、歯茎(はぐき)の炎症だけにとどまったものを「歯肉炎」、骨まで溶けてしまったものを「歯周炎」と言います。最初は歯肉炎が起こりますが、それを放置していると歯周炎になってしまいます。

健康な歯肉は…

歯肉は薄いピンク色をしている。
歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。
歯肉が引き締まっている。
ブラッシングしても出血しない。
健康な歯肉

 

歯肉炎になると…

歯肉が赤味を帯びている。
歯と歯の間の歯肉が丸みを帯びて膨らんでいる。
ブラッシングで出血する。
腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まっている。
 

歯周炎になると…

歯肉が赤紫色になっている。
歯と接している歯肉が、ひどく腫れている。
ブラッシングで出血するばかりでなく、膿(うみ)が出る。
歯と歯の間が広がって、食べ物がよく歯につまる。
歯肉が退縮して、歯が長く見える。
歯周ポケットが深くなって、骨(歯槽骨)が溶けている。
歯周炎

 

歯周病が引き起こす病気とは?

歯周病は、大切な歯を失うだけではなく、放っておくと命までも危なくなるような怖い病気だということが、最近わかってきています。動脈硬化になったり、糖尿病が悪化したり、早産・低体重児出産、誤嚥性肺炎になったりする恐れがあるのです。食道ガンを引き起こす原因になるとも言われています。
どのようにそれらの病気につながるかと言うと、まず、歯周病が悪化すると歯茎から出血します。出血するということは毛細血管が切れているということで、切れた毛細血管から細菌が体内に入り込みます。その結果、下記のような怖い症状につながるきっかけとなるのです。

[1]細菌性心膜炎・狭心症

体内に細菌が入り込んで心臓弁膜に付着し、バイオフィルムを形成して「細菌性心膜炎」を起こします。また、はがれたバイオフィルムが心冠状動脈に詰まって狭窄を起こして「狭心症」の原因ともなります。

[2]動脈硬化

体内に入った細菌が血管内壁にはりつき、血管上皮細胞間に入り込んで「動脈硬化」を進行させます。

[3]糖尿病の悪化

糖尿病で歯周病がひどいと、血糖値のコントロールが4~5倍も困難になります。

[4]早産・低体重児出産

妊婦が歯周病の場合には、早産・低体重児出産の危険性が7.5倍以上になるという報告があります。原因は、歯周病で生まれるプロスタグラジンという物質によるものと考えられています。また、妊娠中は「つわり」などのために歯磨きがおろそかになってしまい、ホルモンバランスの乱れとあいまって、歯周病が進行しやすくなる時期でもあります。

[5]ガン

食道ガンの患者の細胞の中には、健康な人の2倍もの歯周病菌が検出されたという報告があります。
「歯周病になっても、歯を1~2本失うぐらいなら命に別状はないし、心配ない」と高(たか)をくくっていると、このような「命にかかわる病気」を引き起こすことがあるのです。
 

細菌の侵入経路は血管のほかにもある?!

細菌の侵入経路は血管だけではありません。嚥下(えんげ:飲み込むこと)反射と咳反射が低下した場合には、誤って歯周病菌を飲み込んでしまって肺炎になる「誤嚥(ごえん)性肺炎」の原因にもなるのです。
まさに「歯周病は万病の元」で、高血圧・糖尿病・高コレステロール症などの生活習慣病が薬だけでは治らないように、歯周病も細菌だけに気をつけるのではなく、生活習慣を健全にする必要があります。
したがって、次のようなことが歯周病のリスクを高めると言われていますので、十分に注意してください。
不十分な歯の手入れ
喫煙
徹夜・夜更かし・寝不足などからくる「不規則な生活リズム」
パソコンやスマートホンなどの画面の見過ぎからくる「ドライアイ」による口腔内乾燥
日常のストレス
偏(かたよ)った食生活と、添加物などの過剰摂取
 

どうすれば歯周病を予防できますか?

歯周病の予防・治療の基本となるのが「プラークコントロール」と言われる入念な歯磨きです。これは、歯周病の原因である歯周病菌の増殖を抑えることに重点を置いた予防・治療法です。
それには、歯ブラシ歯間ブラシデンタルフロスなどを適切に使用して、日頃からご自身でのケアを心がけることが重要です。ご自身でできる歯磨きとしては、次のような磨き方が効果的です。

スクラッピング法

「スクラッピング(scrapping)」とは「擦る(こする)」という意味です。この「スクラッピング法」は、ブラシの先端を歯に直角にあてて小刻みに振動させる磨き方で、短時間で歯垢除去効果が高い磨き方です。

バス法

「バス法」は歯周病予防に適したブラッシング法です。歯のつけ根に45度でブラシをあてて小刻みに振動させます。
ただし、このような磨き方でも「正しい方法」で行わないと、歯垢を完全に除去するように磨くことは、なかなか難しいものです。まずは、歯周病のチェックを行い、細かい部分のクリーニングを含めて、一度、歯科医院で歯垢・歯石を除去し、ご自身に合った磨き方の指導を受けることが「歯周病予防の近道」です。そして何より大切なのは、「予防を継続することの大切さ」をキチンと理解することです。
 
堤歯科・小児歯科クリニックでは、歯周病チェック・予防の指導を、随時、行っていますので、お気軽にご相談ください。