堤歯科・小児歯科クリニック 新患・急患随時受付 土曜診療
矯正歯科のご案内

歯並びの悪さというのは、単に見映えが良くないというだけでなく、そのままの状態で放置していると、時間がたつ
につれて(成長とともに)以下のような悪影響を引き起こす恐れもあります。
歯磨きが難しくなって、「ムシ歯」「歯肉炎」「歯周病」になりやすくなる
顎(あご)の過成長や劣成長によって、いわゆる「出っ歯」や「受け口」のような骨格的な外見が悪くなる
噛み合わせが悪いことで、咀嚼(そしゃく)能率が低下したり、顎関節症(がくかんせつしょう)になる可能性が高くなる
成長期(=子供の時期)であれば、顎の発育と歯の生え変わりを利用して、無理なく歯並びや骨格を矯正することが
できます。

堤歯科・小児歯科クリニック
小児矯正の3つのポイント

早期矯正治療

大人の歯に生え変わる前の時期に開始し、生え変わりが終わる頃に、きれいな歯並びになることを目標に矯正治療を行います。

簡単・痛くない

取り外しの矯正装置を使用するため、お子さまでも簡単に扱え、ストレス・痛みもほぼありません。

大人の歯を抜かない

開始時期と歯並びにもよりますが、大人の歯を抜かずにすむ可能性が高まります。子供の頃から矯正をはじめるのが最大のメリットです!

歯列矯正は、大人になってからでも可能ですが、歯の成長が終わってしまっているため、歯を動かして並べることになり、場合によっては抜歯を必要とすることがあります。
したがって、歯の成長段階にある子供の時期から矯正を行うことによって、顎(あご)の成長をコントロールしながら矯正を行うことで理想的に歯を並べることが可能です。
大人の方の矯正治療については、成長期にある子供と違って、検査結果によって治療期間が、ある程度決められます。
一人ひとり、歯並びの状態は異なります。ご要望に沿えるように個別にお話ししながら、その方に合った何種類かの治療方法をご提案させていただきます。
 
治療例

矯正相談は無料です。歯並びが気になる時は、お気軽にご相談ください。
矯正診療は完全予約制となっておりますので、ご希望の方は医院まで直接ご連絡ください。